スチームファーストの連続稼働時間を徹底解説

スチームファーストの連続稼働時間は45分となっているのですが、この時間は具体的にどの程度素晴らしい内容となるのでしょうか。基本的な内容から、他社との比較までを行っていきますので、是非ご確認下さい。

そもそも連続稼働時間って何?

ではそもそも、スチームクリーナーにおける「連続稼働時間」と言うのは、どういった内容となるのでしょうか。

連続稼働時間と言うのは、簡単に言うと「スチームがなくなるまでの時間」となります。スチームクリーナーと言うのは、当然ですがスチームを利用して掃除をおこなっていくため、掃除の際には「スチームの生成」が必須の内容となってきます。
そして、このスチームを何分間だせるというのは、機種のタンクのサイズ等に、極めて依存する内容となるのです。

当然なのですが、この連続稼働時間というのは、長ければ長いだけ良い内容となります。まずは、この基礎の部分をしっかりと抑えておきましょう。

スチームクリーナーの一般的な連続稼働時間とは

では、スチームファースト以外の一般的なスチームクリーナーというのは、具体的にどの程度の連続稼働時間となるのでしょうか。一般的に発売しているケルヒャーやアイリスオーヤマなどの製品を見てみると、一般的には30分というのが普通のタイムとなります。それに対して、スチームファーストは45分となっております。

つまり、スチームファーストの方が、一般的なスチームクリーナーに比べて1.5倍ものサイズとなっているんですね。この点は、極めて重要なポイントだと言えます。

スチームモップの一般的な連続稼働時間とは

では次に、スチームモップの連続稼働時間について解説をしていきます。最近では、テレビショッピング等で知名度を挙げているスチームモップですが、実はなんと10分前後のスチーム噴射時間しかないのです。

スチームモップは軽量化のため、どうしてもタンクが小さくなってしまうので仕方がないのですが、、、そうは言っても、あまりにも短い内容だと思います。

このような理由から、当サイトではスチームモップは一切オススメをしておりません。(「おすすめのスチームモップランキングや口コミを解説」より引用)

連続稼働時間の長い機種をまずは探していこう!

スチームクリーナーを探す際には様々な選択肢があると思うのですが、、、
連続稼働時間は「極めて重要なポイント」だと言えます。

もしあなたがスチームモップやハンディタイプのスチームクリーナー等を欲しい場合は、「短い連続稼働時間で問題ないのか」という点をしっかりとキャニスター型とくらべて、その上で商品の選択を進めてみて下さい。